NEWS

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. クレジットカード決済導入のメリット

NEWS

お知らせ

2018/09/10

クレジットカード決済導入のメリット

クレジットカード決済導入のメリット
カード決済導入と聞くと、ほぼ全ての人が「手数料が高い」とあげると思います。そのほかにも「導入が大変 面倒」「難しいそう」といったデメリットの声も多いと思います。

今回はカード決済を導入するとどういったメリットがあるのか、上げていきたいと思います。
デメリットといわれる部分と比較をして頂き、参考にして頂ければと思います。

顧客単価が上がる
来店数(販売機会)が増える
海外のお客様が増える
人件費(必要工数)をカットする事が出来る

その他にも、カード決済の導入についてのメリットは多数ありますが、以上の4点に注目していきたいと思います。



顧客単価について
クレジットカード決済を導入する事で、売上が大幅にあがったという店舗は非常に多いです。
カードでのお支払いをしたことがある方は、こんな経験はないでしょうか。
「今度のカードの支払大変だけど、まぁ、いっか」
「見るだけだったのに、ついつい多く買っちゃった」
「来月のカードの支払大変だなぁ」
そこに現金しかない場合、もちろん持ち合わせ以上のサービスを受ける事は出来ないのですが、クレジットカード決済の対応が可能である店舗を利用するお客様は、現金以上を使うケースが多々あります。
こういった側面から、顧客単価を上げるといえます。



来店数の増加

顧客単価についてにも上げましたが、もしお客様が求めるサービスを受けるのに必要な分の現金を持ち合わせていなくても、カード持っていた場合には、サービスを受ける事が出来ます。
A店・B店と似たようなサービスを提供していて、B点のみカード決済の導入をしていた場合、現金が無くカードを持っているお客様がどちらに行くかは考えるまでもありません。
カード決済に対応をしていない場合、数あるサービス・店舗の中から選ぶお客様の選択肢にすら入っていないこともあるのです。
看板や入口付近、HP上などのお客様が見る場所に、カードブランドのロゴを載せておくだけで、来客数増加につながります。



海外のお客様の流入


オリンピックが近いということも影響し、今後日本には訪日観光客が急激に増加していく事が予想されます。
世界共通のカード決済が出来るという点は、観光客にとって非常に大きく、カード決済が使えるかどうかを非常に気に気にしながら、旅行先を決めています。



人件費の削減


WEBサービスを提供している場合、現金のみのお支払いだと、入金の確認をする必要がありますが、クレジットカードでのお支払いの場合、リアルタイムで入金の確認が出来ます。
また、店舗の場合はおつりのやり取りが無く、従業員の作業工数を減らす事が出来ます。
その為、人件費や手間を削ることが出来、企業の利益率がアップします。




クレジットカード決済によるメリット・デメリットについては、しっかりと検討して頂き、未来を見据えた最善の選択をして頂ければと思います。