MERCHANT ACCOUNT
OPENING SERVICE

マーチャントアカウント開設

  1. ホーム
  2. マーチャントアカウント開設
MERCHANT ACCOUNT
OPENING SERVICE

マーチャントアカウント開設

貴社のビジネスをさらに発展させます。
どれほど複雑で難しいビジネスモデルであってもクレジット決済サービスは導入可能です。
弊社マックスコネクトでは、クレジットカード決済用マーチャントアカウントの開設、提供サービスを10年以上させていただいております。一般的にはとても難しいイメージのあるマーチャントアカウントの開設ですが、「可能な限り素早く、簡単、確実に」、をモットーにサービスをご提供させていただいております。弊社のお客様は日本国内に捉われず様々な国や地域のお客様にご利用されており、世界中の多くのお客様にご好評いただいております。

マーチャントアカウントとは

オンラインショッピングやインターネットを介したビジネスを行われている企業様で、安定した売り上げや、評価できる実績があるにも関わらず、カード決済を導入しようとした際、クレジットカード会社の加盟店審査に落ちてしまう場合がございます。これはクレジットカード会社が設定している加盟店審査基準のカテゴリーに、通常の取引より、リスクのある商品や商材というビジネスカテゴリーがあり、表面的な部分の判断で加盟店審査に通らない場合がある為です。
その代表例としてはアダルトサイトやカジノサイト、FXサイト、ファーマシーサイトや個人輸入代行業等があります。
そういったことから、非常に収益性が高く、先鋭的なビジネスを精力的かつ安全に行われている企業様であっても、そのビジネスがマーチャントのカテゴリーに入っているという事で、加盟店審査が通過せず、カード決済が使えないというケースがよくあります。
我々の業界では、通常の手続きでは銀行のクレジットカード加盟店審査が通りづらい業種様用のアカウントをマーチャントアカウントと呼んでおり、弊社を含むいくつかの決済代行会社は、こういった一般的にはなじみのないアカウント開設提供サービスという特殊なサービスを提供しております。

なぜ弊社では取扱い可能なのか

弊社マックスコネクトは2005年の営業開始から、シンガポールにて、インターナショナルにご活躍される企業様向けに、オンラインクレジット決済サービスをご提供させていただいております。 そうした中で、弊社にお問い合わせいただく企業様の多くが、日本の商習慣やビジネスの枠を超えたアイディアのビジネスであった事から、日本のクレジット決済会社が契約をしてくれない、加盟店審査に落ちてしまった。というお話と、どうすればアカウントを開設できるのか、というご相談を頂くことがありました。
弊社ではそのような加盟店様にカード決済を使って頂けるよう、様々な銀行や決済会社、Gateway会社に決済アカウント開設のお願いをしてまいりました。
このような経験から、弊社では、様々な国の銀行、決済関係会社とビジネスパートナーを結ぶことで、アカウント開設の実務、経験と技術を積んできました。その結果、今日では弊社のお客様に最適な決済アカウントの開設を行えることが出来るようになりました。

アカウント開設に関して

弊社では2つのプランAとBの開設提供方法をご用意いたしております。

プランA

弊社で申請しアカウント開設、加盟店様と弊社で契約、弊社から決済アカウントと決済ゲートウェイをご提供。決済金は弊社から支払い。

プラス面
  1. 申し込みから実稼働までの時間がBプランと比較して短い。これは弊社で必要書類、手続きを行い、 また銀行から一定基準の信頼があるため、処理が速くなります。最短で2週間での開設も可能です。(実際には様々なケースがございますので、確実に早いとは言い切れません。)
  2. チャージバックや取り消し、多くの不正決済が発生した場合、銀行との交渉を弊社の経験豊かなスタッフが行います。
    アカウント維持の経験値の少ない加盟店様スタッフが独自で行うより、適切な対応、手段、交渉を行うことによって、その場では見えないですが、後から結果的によかったと分かっていただけるサポートが行えます。(問題が回避できない場合もあります。)
マイナス面
  1. 自社で本当にアカウントを開けて運営しているという実感がわかない。
  2. 入金サイクルが弊社を経由する分、直接契約より遅い。また手数料も弊社のマージンが乗る為、若干高くなる。

プランB

弊社で申請しアカウント開設、加盟店様と銀行で契約、弊社から決済ゲートウェイをご提供。決済金は銀行から加盟店様に直接支払い。

プラス面
  1. 完全に自社でアカウントの管理が行える。(銀行との直接交渉も行える。)
  2. 決済金が直接入ってくるため入金サイクルが早く、決済手数料も安い。
マイナス面
  1. 開設まで多くの時間と手続きが必要になる。
    PCIの取得や法人設立の必要がある場合、大きな費用が発生し、規模の小さなビジネスだと結果的に高くつく。
  2. 不正決済など、何らかの問題が発生し、銀行からペナルティーや制裁を受ける場合、独自で対応しなければならない。

どちらの場合にも利点とマイナス面がございます。
(実際には様々な要因でプラスマイナスが混在しますので、詳しくは弊社アカウント開設担当までお気軽にご相談ください。)

必要書類

以下が一般的に銀行から要求される資料の一例になります。
お客様のビジネスによって必要書類が変わってくる場合があり、また、申請する銀行やゲートウェイ会社によっても要求される資料が違う場合があります。もちろんすべてが必須というわけではありませんので、提出可能な範囲の資料で解説を試みるのが弊社の方針です。何なりと弊社までご相談ください。銀行やゲートウェイ会社へのカード決済アカウントの申請はとてもデリケートなものです。弊社では長年の培った経験をもとに、最適と思われる提出用資料を作成出来るよう、アドバイスもさせていただいております。

  • 登記簿謄本
  • 代表者様パスポートコピー
  • 代表者様運転免許証
  • 直近2年分の会計報告書
  • 直近2年分の個人所得税
  • オフィスの賃貸契約書
  • 屋号と会社を紐づけられる書類
  • オフィスの光熱費、インターネット代等の請求書と領収書
  • 直近6か月の決済履歴
  • 直近6か月の銀行口座履歴
  • 直近3か月のオーナー様銀行口座ステートメント
  • Webサイト情報(IPサイト取得年月日等)
  • ビジネスプラン(収益の仕組み)
  • 出向済み広告サンプル、広告代金

提供可能カテゴリー

国や地域、WEBサイトの形態やサービス代金、その他さまざまな要因で、以下のカテゴリーであってもマーチャントアカウントが必要でない場合があります。また、こちらに記載している以外にも対応可能業種は多く存在し、日々アップデートがされておりますので、あくまでご参考程度にお考えください。

  • アダルトサイト
  • ライブチャット
  • 中古品売買サイト
  • 中古品買い取り代行販売代行の店舗
  • 宝くじ、オンラインtoto
  • キャッシングサービス
  • 債権回収代行業
  • オンラインパソコンショップ
  • クレジットリペアー
  • 利息過払い金減額サービス
  • 斡旋業
  • 探偵業
  • 訪問販売業
  • アプリダウンロードサイト
  • デリバリーヘルス
  • 交際クラブ
  • 育毛サービス
  • 高額のチケット、フライト、新幹線等
  • 家賃回収
  • 占いサイト
  • 保険業
  • 投資に関するサービス
  • 貴金属のオンラインショップ
  • 住宅ローンの立て替えサービス
  • MLM、マルチレベルマーケティング
  • 電話営業代行
  • 質屋
  • ファーマシー
  • 健康食品
  • セミナー
  • たばこ販売
  • オンラインカジノ
  • 痩身サービス